リーガルコラム
~エイパスより求人動向や関連情報についてのご紹介

【プライベートプラクティス転職事情】2015年11月

リーガルコラム

現在の東京における法律事務所の中途採用は、一言で申し上げれば「経験5年目までのマーケット」という様相を呈しております。 およそ5年前後であれば、プラクティスの分野を問わず、中途採用需要は旺盛で、国内渉外・外資系を問わず、様々な法律事務所において採用活動が活発です。 移籍をお考えの方々には、特に現在のように強い転職市場においては、選択肢も豊富で良い環境であると言えるかと思います。

他方6年目以降となると、一定の採用需要はあるものの格段にその数が少なくなるようです。 6年目以降の採用需要には相当程度のスキル要件が必要となり、また将来のパートナー候補としての位置づけとして評価される事も多く、ハードルが高くなるようです。 採用事務所側における技術要件等にぴったりと合致されているか(こちらは過去に偶々そのような経験を積まれている事が条件であり、運も多々影響するかとも存じます)或は顧客開拓につながるご経験や特殊なプラクティス等をお持ちである事が条件のひとつとなります。

最近は新規設立の事務所様も一定程度見られるので、斯様な事務所様では例外的にミドル~シニアアソシエイト層の採用事例が見られ、また転職者が出た場合の補充人員補強時、ある特定のプラクティス分野の隆盛による人員増強の為の中途採用等が一定程度見られ、法律事務所業界全域ではないものの、ミドル~シニアアソシエイトの方々には斯様なポジションをご案内させて頂いております。

転職支援サービスへのお申し込みはこちらから
*秘密厳守・エイパスの転職支援は無料です 
最新求人情報をチェック  転職成功者の声
ページのトップへ